トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

春から新生活・一人暮らし!熱帯魚水槽を始めるのに春がお勧めな理由

熱帯魚水槽を新しく始めるのには冬だけでなく春という季節もお勧めです。

この春に新生活や一人暮らしを始める方もそうでない方も、ぜひ熱帯魚の飼育をこの春から始めてみませんか?

春に熱帯魚水槽を始めるのがお勧めな理由

春に熱帯魚水槽を始めるのがお勧めな理由を紹介していきます。水温対策、バクテリア、魚の輸送、中古水槽など、ポイントをチェックしてみて下さい。

①ヒーターで水温調整が簡単

帯魚や海水魚の飼育で、一番「管理が厄介なもの」は何か知っていますか?

水替えでしょうか? バクテリアの管理でしょうか? 魚の相性でしょうか?――その答えは「水温管理(特に、夏場の高水温)」です

気温が高い時期は、どうしても水温が上がってしまいます。熱帯魚に最適な水温は27度前後と言われていますが、近年の日本の夏場は30度を超えるような日も珍しくありません。しかし30度近い水温が長期間続くのは、飼育する生き物や水草の負担になってしまいます。

その対策として水温を下げるためには、水槽用のクーラーやファンを使用したり、部屋ごとエアコンで気温を下げるなどする必要があります。

そのような高水温の対策に比べて、気温が低い季節(春・冬・秋)は、水温管理をヒーターに任せることができるので、管理が格段に楽になります。

なお、余談ですがヒーターは(居住地によって変わりますが)6月頃まで水槽内に入れておくことをお勧めします。というのも、6月頃までは急に夜間に冷え込むようなことも多く、日中は28度近くあるのに夜に16度になってしまうというようなことがあるからです。

急激な温度変化は人間も風邪をひいてしまうように、熱帯魚にも負担になってしまいます。また、白点病などの病気の原因になることもあります。

②バクテリアの管理がしやすい

水温管理ができるということは、「生体や水草の体調管理がしやすい」ということだけでなく「バクテリアの管理がしやすい」ということにもつながります。

バクテリアの重要性については過去記事にお任せしますが、水質の維持や浄化に欠かせないバクテリアの不足は、しっかりと増殖させないと水質悪化だけでなくコケの原因になったりもします。水温を安定させやすい春のうちに、しっかりとバクテリアを殖やしてあげましょう!

③通販でも熱帯魚や水草を元気に購入できる

春に熱帯魚水槽を始めることの大きなメリットの1つとして、「輸送時の生体へのダメージが少ないこと」があげられます。これは、外気温と生体が入っている容器内の温度差が冬や夏に比べて小さいことが要因なのですが、通販で熱帯魚や水草を購入する時に大きな効果を発揮してくれます。

通販で購入した生体は、そのほとんどが発泡スチロールの箱に入って輸送されてきます。しかし、夏や冬は外気温と熱帯魚の適正温度との差が大きいため、遠距離ではどうしても生体の負担になってしまいます。しかし、春であれば外気温と適正水温との差があまりないので、安心して生体を通販で購入することができます

また特に、安価な水草の場合には簡易梱包で輸送されることも多い(送料の節約のために、封筒などで第4種郵便を使用することが多い)のですが、春と秋ならば簡易梱包でも、安心して通販で購入することができます。それ以外の季節では、夏は枯れたり煮えてしまいますし、冬は低温で枯れてしまう危険性が高くなります。

④中古水槽が手に入りやすい

春の季節は移動の季節です。また、年度が終わって始める季節でもあります。そのため、春は熱帯魚の水槽を整理する人も少なくありません。つまり、中古水槽が手に入りやすい時期でもあります。

中古水槽の入手元としては、信頼のおけるショップなどでも良いのですが、ヤフーオークションやフリマアプリなどで探すと「掘り出し物」が多く見つかりやすいです。格安の水槽、複数個セット、飼育器材一式込みなど、自分の目的に合わせた1品を見つけることも難しくはないです。

ただし、水槽は大きなサイズの割れ物扱いになるため「60㎝を超えるサイズは(個人では原則)宅配便業者が請け負ってくれない」という問題もあります。60㎝までなら普通に取り扱ってくれるのですが、ドライバーさんが1人で移動できない90㎝水槽は、どの宅配便業者でも基本的に受けてくれないと考えておいた方が良いです。

そのため、ヤフオクやフリマアプリで大きな水槽を入手する時には、車を用意して自分で引き取りに行くことが基本になります。水槽の価格にもよりますが、贈答用のお菓子などの手土産を持って行くと喜ばれます。

まとめ・春に熱帯魚水槽を始めるのがお勧めな理由

ここまで、春に熱帯魚水槽を始めるのがお勧めな理由を紹介してきました。ですが、熱帯魚水槽を始める一番のタイミングは「熱帯魚や水草が欲しいなぁ」と思った時です。

自分の好奇心や興味が引き付けられている時こそ、一歩踏み出す力が生まれますから。

ぜひ、この春に熱帯魚水槽を始めてみませんか?

水槽のプロ トロピカライターのくろいあまがえるです。
熱帯魚&両棲類が大好きです。地鶏の刺身と唐揚げが大好物。

雀百まで踊りをなんとか……ということわざがあるように、幼稚園児の頃に飼育した金魚&アマガエルが、生き物好きになる切っ掛けだったのかもしれないなと思っている。

シェアする

フォローする