初心者必見!!間違えない水槽レイアウトテクニック!!!

皆さんの中でお魚の飼育を始める中で水草のレイアウトで綺麗で美しい水槽を作りたい‼︎

と思い始める方もいると思います。

ですが写真や実物を参考にしてもうまくレイアウト出来なかったりすることが多いのではないでしょうか?

そしてコケも発生したりで段々管理が億劫になったりと…。

そこでまずは水槽のレイアウトでの基本を教えられればと思います。

レイアウトの構図について 3つの主な構図

まずは自分の作りたいレイアウトを具体的にイメージが出来ると、格段にレイアウトの制作がスムーズになりますが、それもなかなか難しいもの。

まずは基本的なレイアウト構図である三角形構図、凸形構図、凹形構図を理解ししましょう。

レイアウトの構図その1…三角形構図

左から高さが段々低くなっていき三角のの構図になるレイアウトです。

初めての方には比較的ですが始めやすいレイアウトの構図になります。

おそらく、知らないうちにこの構図で組んでいたという人もいるんじゃないかと思います。

レイアウトの構図その2…凸形構図

水槽の中央に集めたレイアウトの構図です。

左右をガッポリ空きの空間を作ることでインパクトのあるレイアウトになります。

他の構図よりも比較的難易度が高い構図です。

中央に配置されたオブジェクトをより引き立たせるように、水草を植えていきます。

そのため、自然と周りに高さのある水草を配置しないようになるため一歩間違えると殺風景なレイアウトになってしまいます。

このような構図のレイアウトは難易度は高いです。

しかしこの構図で完成された水槽は、他の構図で組まれたレイアウトよりも迫力のある水槽が作れます。

また、中央に置くのでなく、少し右、もしくは左に配置するとより動きのある迫力のあるレイアウトにすることが出来ます。

安定を求めるのか、動きを求めるのか、レイアウトの経験が必要なレイアウトの構図ではないかと思います。

レイアウトの構図その3…凹形構図

凹の字の様に左右を高く、中央を低くなるように組むレイアウトです。

他の構図よりも、水槽に奥行き感を持たせることができます。

レイアウトを組む上で「奥行き感をどのように出すか」は、アクアリウムにおいて、非常に重要なファクターになります。

水草を使う量が他のレイアウトの構図に比べて多いので初心者の人には難易度は比較的高めに感じます。

レイアウトの構図を再現する為に

レイアウトの構図を教えて行きましたが水草についても成長の仕方が違うのと、前景草、中景草、後景草も成長の高さも違うのでそれも理解しなければ行けません。

こちらの記事も合わせてご覧ください↓↓↓

アクアリウムはこんなアイテムの組み合わせで出来ている!(淡水編)

どうすれレイアウトが上手くいくのか。

レイアウトをする上で初心者の人は水草の成長の度合いも分からないと思います。

そこはアクアショップのスタッフに聞くのが一番良いでしょう。

図鑑をみて成長速度を覚えるよりも、実際に水草を購入し、育ててだんだんと感覚をつかんでいけますので。

そしてホームページなどに乗っているレイアウト水槽を参考にするのも良いですが、まずは構図を頭に入れておきましょう‼︎

これを覚えておき水槽のサイズとか水槽の配置場所によってアレンジしていきましょう。

同じ水槽、水草、石、流木を使っても同じレイアウトになりませんしそれもまた個性です。

レイアウトやコケ対策についての記事はこちら↓↓↓

黄金比 と アクアリウムのレイアウト を考える

アクアリウムレイアウトの基本⁇ しっかり抑えれは綺麗な水槽に‼

コケ を食べる 熱帯魚! 水槽 の コケ を食べつくせ! ~淡水編~

い美しくアクアリウム レイアウトで 水草 を 浮かせない 植え方!

生き物が大好きです。
特に淡水魚や水草のことなら、おまかせ下さい。
好きな食べ物:もずく
好きなお魚:アピストグラマ

シェアする

フォローする