トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

ゴールデンウィーク 自宅でバカンス気分を味わえる水槽

ゴールデンウイーク自宅で楽しむ方法

間も無くゴールデンウィークがやってきますね!
家族や友達とご予定を計画されている方も多いのではないでしょうか?
毎年暖かい時期になるのでバカンスを楽しまれる方も多いですね。

行きたい場所をイメージした水槽作りについて

人気の旅行エリアは暖かい所と言ったら沖縄や周辺の離島、奄美大島、海外だとグアム、ハワイ、モルディブなど人気のエリアが代表的です。
しかし、日本中の方全てが休める人ばかりではないですよね。
どうしても仕事や育児、介護等で休めない方も多いはず、、、
そんな方におすすめなのが自宅にいながらバカンス気分がお手軽に味わえるものと言えば水槽です。

水槽のレイアウトによっては、観光名所を連想させる雰囲気を作り出せます!

どんなレイアウトがあるか自分の好きなものを探してみよう!

屋久島や西表島を連想させるような自然いっぱいが好きな方は緑いっぱいのテラリウムが代表的です。

こちらは陸と水面が両方楽しめて、コケと水草浮き草等を入れて水槽をレイアウトします。

水を濁らせないようにオーバーフロー水槽や外部式フィルターのエーハイム等を導入し、排出口から滝のようなものを演出する方が多いです。

部屋の中で水の流れる音があるだけでヒーリング効果があります。

仕事で疲れた際に癒し空間があるだけで気分がUPするのではないでしょうか。

都会に住んでいて、とにかく忙しい毎日を過ごしている方はジャングルをイメージさせる水槽がおすすめです。

アマゾンで有名なのがピラニアやアロワナ、プレコも有名ですね。

流木にウィーローモスやコケなどからませて、大自然を漂わせるようなレイアウトを簡単に作ることができます。

水面をゆっくり泳ぐアロワナは見応えがありますよ!

実際にお客様の元へ時々水槽メンテナンスに行く際に、優雅に泳ぐアロワナを見るたびにウットリしてしまいます。

こんな水槽が自宅にあったら良いなと感じます。

また日本の代表する淡水魚と言えばメダカ、タナゴ、ドジョウ、フナ、ハゼなどが有名です。

ほとんど常温で飼うことが可能で、底砂と流木、水草等の組み合わせで田舎の川を再現することができます。

上の魚達は田んぼや川に多く見られ、子供の頃に魚取りをした記憶が戻ってくる方もいられるのではないでしょうか。

今では都市開発が進められ自然界の生態系が崩れ魚の数が減少をたどっていますよね。

また日本の魚でさらに貴重になっている渓流にいる魚として有名なヤマメ、イワナ、ニジマスなどの魚を入れたレイアウトもおすすめです。

常に水温は20℃に保たなければならなくクーラーが必要になります。

日本の避暑地にいる水が綺麗な場所にしかいない魚なので渓流石も一緒にレイアウトし水の流れを作るのがポイントです。

山や川を連想させる水槽を作り涼しげな水槽が自宅で再現できます。

沖縄やグアムなど暖かいエリアに行きたい方は自宅の水槽を思い切って海水水槽にチャレンジ!

30cm水槽から自宅で海水魚を飼うことができます。

水槽に色鮮やかなチョウチョウウオの仲間、カクレクマノミや青いコバルトスズメダイなど入れるだけで南国の雰囲気が出ますよ。

カクレクマノミはイソギンチャクと一緒にいるイメージがあると思いますが、水槽にイソギンチャクやサンゴがいなくても簡単に海水魚を飼うことができますよ。

世界にひとつだけの癒し空間を作ろう

日本の四季のように、同じレイアウトでも春は桜の飾り、夏はひまわりやハイビスカス、秋は紅葉、冬には雪だるまやクリスマスの飾りを入れるだけでアレンジは無限に広がります。

このサイトを参考にしながら水槽のレイアウトを少しづつ変えて、ご自身のアクアライフを楽しんでいっていただけたら幸いだと思っております。