トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

金魚水槽に水槽用クーラーは必要?飼育環境に合わせて回答!

金魚すくいで子供が取ってきたり、手軽に買うことができたりと金魚を飼う人も多くなっています。

しかし金魚を飼育する時には他の魚と同じように水槽用クーラーが必要なのかどうかを知っている人は少ないようです。

今回は金魚水槽に水槽用クーラーが必要なのかや、飼育状況に合わせたクーラーの種類などをご紹介していきます

金魚水槽に水槽用クーラーは必要?

金魚は淡水魚で熱帯魚などより暑さには強いと言われています。

一般的には15℃~28℃の水温が金魚の飼育に最も適した水温と言われていて、金魚水槽に水槽用クーラーを入れる必要性はないと考えている人が多いです。

金魚水槽を置いている環境などによって水温は左右されやすいため、クーラーを必ず入れる必要があるというわけではありません。

しかし地球温暖化の影響もあり、夏場などは気温が高くなる日が多く、金魚水槽の水温も30℃を超えてしまう日もあります。このような場合には水槽用クーラーで水温を下げてあげたほうが金魚の体に負担がかかりません。

水槽用クーラー以外に金魚水槽の水温を下げる方法は?

水温を下げるためには水槽用クーラー以外にも冷却ファンや小型の扇風機、水替えなどの方法があります。

冷却ファンや小型の扇風機で水温を下げる場合は、風を送ることで発生する気化熱によって水温を下げるため、金魚水槽内の水量が減ってしまいます。そのため蒸発して減ってしまった分の水を追加してあげる必要性があります。

氷を金魚水槽の中に入れるのはNG

水温を下げるといっても氷を金魚水槽の中に入れてしまうと、急激に水温が下がってしまうため金魚が体調を崩して弱ってしまったり、最悪の場合死んでしまう事もあります。

また死なないまでも氷が金魚に当たってしまい、ケガをしてしまうこともあるので、水槽内に氷を入れるようなことはやめましょう。

金魚水槽に水槽用クーラーを導入したほうがいい飼育環境は?

金魚を水槽で飼育する中で水槽用クーラーを導入したほうがいいかどうかの目安のひとつに、水槽の大きさが挙げられます。

金魚は5㎝の大きさで1匹当たり10Lの水量が必要と言われているので、飼育する金魚の数が多かったり、金魚が成長することを考えるとあらかじめ60センチ以上の大型の水槽で飼育したほうが後々楽になります。

60センチ以上の大きな水槽は急激な水温の変化がしにくいですが、夏場一定の水温に保つためには水槽用クーラーを導入することをおすすめします。

またドジョウなど低温を好む魚や生き物と金魚を混泳させる際にも水温管理は大切になってきます。夏場のように水温が高温になりやすい環境では、水槽用クーラーの使用を検討したほうが良いでしょう。

ゼンスイ 高性能 水槽用 クーラー海水・淡水兼用 ZC-100α

金魚水槽の大きさごとでおすすめのクーラーは変わる?

金魚すくいなどによく利用されている和金は飼育しやすい金魚ですが、成長すると体も大きくなり、その大きさが30㎝を超えるということも多い金魚です。そのため水槽のは大きいほうが望ましく最低でも45㎝、一般的には60㎝以上の水槽が必要になります。

そのため水槽用クーラーを使う場合は、大型水槽に対応していて導入コストが安いペルチェ式か、冷却能力が高いチラー式の水槽用クーラーを選ぶといいです。

ゼンスイ 小型ペルチェ式クーラー TEGARU(テガル)

しかし金魚すくいで取ってきた直後のものや、アクアショップやホームセンターなどで購入したばかりの成長する前の小さな金魚であれば、金魚鉢などで飼育する人も多いでしょう。

ガラスの小さな金魚鉢や30センチ以下の水槽の場合、水の量が少ないため大きな水槽より外気温の影響を受けやすいです。

小さな水槽の場合は水槽用クーラーではなく冷却用ファンや小型扇風機といったプロペラ式のものを選ぶのがコスト的にも好まれます。

クーラーの選び方は下記の記事をご覧ください!

金魚の種類によって水槽の選び方も変わる

金魚と一口に言っても和金やコメット、さらには出目金やオランダ獅子頭など種類が多く存在しています。金魚という大きなくくりは一緒でも、種類が違えば飼育環境も異なるため、水槽の大きさや適正な水温も若干変わるんです。

例として和金やコメットなどであれば活発に動き回るので、大き目の水槽を用意することが望まれます。

その一方で出目金や琉金などの金魚はあまり泳ぎが得意ではないため、水槽の大きさはそこまでこだわらなくても大丈夫ですが、ファンなどで気化熱を起こしたり、ろ過フィルターなどを使う場合は水流の強さに注意が必要です。

飼育地域によっては水槽用クーラーはいらない?

金魚水槽が大きさによって水槽用クーラーが必要になる事をご紹介しましたが、東北や北海道など、夏でも関東や関西より涼しい地域で金魚を飼育している場合は、夏場でも水槽用クーラーが必要にならないこともあります。

また外の気温が高い地域であっても、静かで涼しい場所などで金魚を飼育している場合など、金魚水槽の水温が30℃を超えないような飼育環境であれば水槽用クーラーは不要です。

もちろん地域を問わず、直射日光が金魚水槽に当たるような場所で飼育していると、水温が上昇しすぎる危険性は高いので直射日光が当たるような場所に水槽を置くのは避けましょう。

金魚水槽に水槽用クーラーは必要?金魚の飼育環境に合わせて回答します! まとめ

今回は金魚水槽に水槽用クーラーは果たして必要なのかや、飼育環境に合わせた使い方、おすすめのクーラータイプについてご紹介しました。

季節を問わず1年中人気がある金魚ですが、成長することを踏まえて金魚水槽や水槽用クーラーを選ぶ必要があります。

金魚をしっかりと飼育するために水温管理はとても重要になるので、大きな金魚水槽を使用している人は水槽用クーラーを使用してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】