トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

「 アクアリウム情報・雑学 」一覧

暖かい季節!水槽用ヒーターはいつまで使用する?メリットと必要性とは!

暖かい季節!水槽用ヒーターはいつまで使用する?メリットと必要性とは!

水槽用ヒーターは通年での使用をおすすめします。春になると気温も上がってくるので、水槽用ヒーターを使用し続けることに疑問を抱く方もいるかもしれません。しかし、ヒーターは通年で使用した方が、飼育環境の維持と機器の耐久性の面で有利なのです。ここでは、水槽用ヒーターを通年で使用する必要性やメリットなどについてご紹介します。

一株5000円以上!?高級な水草を育てよう!おすすめ種類と高い理由とは

一株5000円以上!?高級な水草を育てよう!おすすめ種類と高い理由とは

水草の育成に慣れてきた方は、高級水草の育成に挑戦してみてはいかがでしょうか。熱帯魚などと同様に水草にも高級な種類が存在しており、同じ種類でも草姿や色のバリエーションが豊富で、色々な水槽レイアウトで活躍することから人気を博しています。ここでは、高級水草の主な種類や高価な理由などについてご紹介します。

群れで飼育できる海水魚特集!貴重な群泳できる海水魚を紹介・解説します

群れで飼育できる海水魚特集!貴重な群泳できる海水魚を紹介・解説します

小さな魚たちが群れて泳ぐ様はとても美しく圧巻ですね。 ですが残念ながら「海水魚は一般飼育しても群れを作らない」と言われています。でもわずかながら「群れを作る海水魚」もいるんですよ。 海水魚の群泳に憧れる方のために、群れを作る海水魚をご紹介します!飼育の注意点も併せて解説しますので参考になさってください。

硝酸塩から魚を守れ!硝酸塩の魚への影響・症状と、対策を解説します!

硝酸塩から魚を守れ!硝酸塩の魚への影響・症状と、対策を解説します!

アクアリストなら「硝酸塩(しょうさんえん)」という言葉を聞いたことがある方が多いかと思います。 硝酸塩は水槽内に徐々に蓄積する成分ですが、魚にどんな影響があるのか具体的に知っていますか? 硝酸塩が魚に与える影響、その結果どんな症状が出るのか、どう対策したら良いかについて解説します。 硝酸塩について知り、健康なアクアリウムを創っていきましょう。

長寿な魚とは!熱帯魚・金魚の強健種ベスト10!長生きのコツも解説!

長寿な魚とは!熱帯魚・金魚の強健種ベスト10!長生きのコツも解説!

大切に飼育している熱帯魚には長生きしてほしいもの。 ペットのなかには、飼育し出したら一生をかけて面倒を見ることになるぐらい長寿な動物もいますが、熱帯魚や金魚にはそんな種類はいるのでしょうか。 そこで今回は、長熱帯魚・金魚の強健種ベスト10とともに、熱帯魚を長生きさせるコツもご紹介していきます!

水質をアルカリ性に傾けるには!シクリッドなどに適した水質の調整方法!

水質をアルカリ性に傾けるには!シクリッドなどに適した水質の調整方法!

アフリカンシクリッドなどの淡水生物は、アルカリ性の水質で管理することが望ましいです。中性付近でも問題が生じないことがほとんどですが、アルカリ性側で飼育することで発色が良くなったり繁殖しやすくなることも事実です。ここでは、これらの生物のためにアクアリウムの水質をアルカリ性に傾ける方法などをご紹介します。

【最新】今一番人気のメダカはコレだ!メダカ人気ランキングTOP10

【最新】今一番人気のメダカはコレだ!メダカ人気ランキングTOP10

最近、様々なところで話題になっているのが「メダカ」です。 学校の水槽で飼ったな…という思い出がある人も多い、身近な魚ですが今は非常に多くの種類が作り出され、それぞれ人気を誇っています。「これがメダカ?!」とびっくりするような色鮮やかな種類や、姿の異なるものがいるんですよ。 今回は「最新のメダカ人気ランキングTOP10」をご紹介します。 これだ!というあなたの気になるメダカを見つけてください。

水温ショックとは!症状と対策を解説!温度差に気を付けて熱帯魚を守ろう

水温ショックとは!症状と対策を解説!温度差に気を付けて熱帯魚を守ろう

「水温ショック」という言葉を聞いたことがありますか? 熱帯魚たちは水温差にとても敏感です。新たに購入した熱帯魚を水槽に導入する時、既存の水槽の水を交換する時などに、水温を合わせないと熱帯魚たちはショックを受けてしまいます。 こちらのページでは、水温ショックを起こしたときの症状、そうさせないための対策などについて詳しく解説していきます。 水温ショックを防ぎ、大切な熱帯魚たちを長生きさせましょう!

サンゴとイソギンチャクはどこが違う?それぞれの特徴をプロが解説します

サンゴとイソギンチャクはどこが違う?それぞれの特徴をプロが解説します

サンゴとイソギンチャクはいずれも刺胞動物に分類されている動物です。毒針がある触手を持つなど、それぞれに共通する点もありますが、骨格の有無などで決定的な差異が存在します。ここでは、サンゴとイソギンチャクの違いについて解説し、両者を飼育する際に注意すべき点などをご紹介します。

ファンヒーターでpHが低下!?ファンヒーター使用で水槽のpHを保つには

ファンヒーターでpHが低下!?ファンヒーター使用で水槽のpHを保つには

皆さんはファンヒーターの使用で、水槽水のpHが低下する恐れがあることをご存知でしょうか。燃料となる灯油やガスが燃焼する際に発生するCO2の濃度が上昇すると、飼育水に溶け込んでしまいpHを低下させてしまうのです。ここでは、ファンヒーターの使用で水槽水のpHが低下する理由と、pHを低下させないファンヒーターの使用法などについてご紹介します。

1 2 3 4 10