トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

アクアリウムに適切なソイル(土)とは⁉︎《2017年7月24日~7月30日》

アクアリウムに適切なソイル(土)とは⁉︎《2017年7月24日~7月30日》

2017年7月24日~7月30日のアクアリウム情報サイト トロピカの記事を振り返ります。

アクアリウムに適切なソイル(土)とは⁉︎

アクアリウムの底砂として、砂利、砂、そして今回のテーマであるソイルと色々な底砂があります。

ちなみにソイルとは、直訳通り、土のことを指します。

アクアリウムにおけるソイルを使用する最大の特徴は、水草を育成しやすくするためです。

では、園芸用の土を流用することはできないのか。

市販されている園芸用の土と、アクアリウムのソイルをリッター換算すると、園芸用の土ははるかにお得です。

しかし、残念ですが園芸用の土を使用することはできません。

アクアリウムに使用するのは、アクアリウム用のソイルを使用する必要があります。

そこで今回は、ソイルとはどういうものなのか、実際に使用する際のメリット、デメリットを分かりやすくご説明していきたいとおもいます。

汚れない水槽・素敵なアクアリウムライフを!

汚い水槽は嫌だけど、掃除も面倒くさい…そう思っている人もいるのではないでしょか?

そんな面倒くさがりな人必見!! 汚くなりにくい水槽を作ってしまいましょう!!

魚たちは何が好き?生餌のススメ(淡水魚編)

魚を飼う時の一番のコミュニケーションの時間は、なんといっても『餌やり』です!

ご飯をおいしそうに頬張る姿を見ると、こちらまで元気になりますよね。

中でも目に見えて魚たちの反応が違うのが『生餌』です!

魚のタイプ別におススメのエサをご紹介いたします!

【アートアクアリウム】アクアリウムアレンジメントをはじめてみませんか

水槽も時にはイメージチェンジしたいですよね。

水槽の中でフラワーアレンジメントをしてみませんか。

レイアウトは、アイデア次第でどんなイメージも作り出すことができます。

水槽の寿命がきたら、オーダーメイド水槽も検討してみませんか!?

いくら丁寧にメンテナンスをしていても、いつかはやってくる水槽の買い替え時。

気軽に購入できる市販の水槽ももちろん良いものがたくさんありますが、

今回はあえてオーダーメイドで水槽を作ることのメリット

注文時に押さえておくと嬉しいポイントをご紹介いたします!

玄関に水槽を置くと、良いこと5つ!注意点3つ!

家やオフィスなどにアクアリウムを導入する時、まずは、どこに置こうか迷うはずです

玄関(エントランス)やリビング、個室、休憩室…どこに置いたら良いのでしょうか。

それぞれに良い点はありますが、今回は熱帯魚水槽を玄関(エントランス)に置くメリットをご紹介します。

レイアウトの基本⁇しっかり抑えれは綺麗なアクアリウム水槽に‼︎

暑い夏の時期に水槽を始めたくなる人もいるのでは無いでしょうか。

インテリア、川遊びで採って来たお魚、お家に涼しくできるような癒しの空間を…等

色々な目的で飼育をしたくなりますね。

アクアリウムのTweetを振り返る

アクアリウムに適切なソイル(土)とは⁉︎

アクアリウム情報サイトトロピカが注目する今週のトピックスは「アクアリウムに適切なソイル(土)とは⁉︎」について。

アクアリウムのソイルは、黒色が多いです。

その理由として、粒上にした黒土を焼き固めて作られています。

ただ焼き固めただけではなく、そこへ下記3点が盛り込まれている事が、アクアリウム用ソイルとなる非常に重要な要素となります。

  1. 水草育成に必要な肥料を含んでいること
  2. 水質(PH)を一定に保つための調整剤が含まれていること
  3. 水が濁りづらく作られていること

上記理由から、アクアリウムで水草を育成する上では、園芸用の土でも、砂利や砂でもなく、ソイルを選択する人が圧倒的に多い理由なのです。

アクアリウムに使う底砂には、ソイルのほかにも、砂利や砂など色々な選択肢があります。その中でもソイルは、特に水草を育成する方の中で高い人気を誇ります。今回は、ソイルとはどういうものなのか、実際に使用する際のメリット、デメリットを分かりやすくご説明していきたいと思います。

ソイルは水草水槽の定番の底砂です!

使いこなしたいですね。