トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

水草水槽の初期セット時に陥りやすいコケを撃退しよう!!《2017年10月9日~10月15日》

水草水槽の初期セット時に陥りやすいコケを撃退しよう!!《2017年10月9日~10月15日》

2017年10月9日~10月15日のアクアリウム情報サイト トロピカの記事を振り返ります。

水草水槽の初期セット時に陥りやすいコケを撃退しよう!!

水草水槽のコケ対策は、オトシンクルスやヤマトヌマエビなどの生物を使うことが一般的であり最も効果があります。

しかし、水槽セット時は水槽内のバクテリアが不十分なため、コケ対策生物を入れることができません。

また、栄養系ソイルを使用する場合は、水草がまだ十分に吸収出来ていない状態で栄養を水槽内に放出してしまいコケの素となります。

100均で便利なアクアリウム用品! 掃除からレイアウトまで!

アクアリウム用品をすべて専門のお店で購入しようとすると高い!

そんな時は100円均一のもので代用して、素敵なアクアリウムライフを送りましょう!

なぜ 金魚すくい の 金魚が続々と死んでしまうのか

金魚すくいの金魚の育て方について以前記事にしました。

それでも、夜店の金魚は死にやすいというお話を耳にします。

なんとかして、出会ったからには長生きさせてあげたい!と思いますよね。

なぜ、夜店の金魚は弱いのか。根本的な要因を考えました。

太陽光と照明 水槽照明の意味

当り前のように水槽には照明がついていますが、なぜ必要なのでしょうか。

もしかしたら、専用の照明ではなく太陽光で節約することはできないのでしょうか。

写真でみる水槽レイアウト:実績でみるプロの事例(淡水魚)

水草が青々と茂る幻想的な水槽レイアウトは、アクアリストの憧れですよね。

今回は、水槽のプロ(株式会社東京アクアガーデン)が実際に設置・管理している

「お手本にしたい」と思える水槽レイアウト事例を水槽サイズ別にご紹介いたします。

高齢者が楽しめるアクアリウムについて

小さな子供から大人まで、幅広く楽しめるのがアクアリウムの醍醐味です。

アクアリウムは目的や用途によって様々なタイプがあり、選択肢も広く、あらゆる層の方々のニーズに応え、受け入れらています。

今回は、リタイア後の趣味として楽しめるアクアリウムや、高齢者介護施設への設置事例をお見せしながら、いくつになっても楽しめるアクアリウムの可能性についてご紹介いたします。

ハロウィンを楽しむアクアリウム

ハロウィンが近づくと身も心もウキウキしますね。

せっかくなので、アクアリウムもハロウィン化させて楽しんじゃいましょう。

アクアリウムのTweetを振り返る

今週のおすすめ記事

アクアリウム情報サイトトロピカが注目する今週のトピックスは「水草水槽の初期セット時に陥りやすいコケを撃退しよう!!」について。

水草水槽の命運を分けるところは、水槽設置初期にいかに力を注げるかです。

こまめに水換えをし、水槽の様子を隅々まで観察し適切に対応すること。

これに尽きます。

コケ対策として下記3点紹介しました。

  1. 水換え
  2. 照明の点灯時間
  3. 活性炭の使用

これをまとめると、最も理想的な対策方法は、毎日換水をし、活性炭を使用します。

そして、コケの発生を見ながら照明時間を調整することです!!

水草が順調に育成し、本来持っている美しい色でレイアウトされた水槽は、素晴らしいの一言ですよね!!

水草水槽のコケ対策は、オトシンクルスやヤマトヌマエビなどの生物を使うことが一般的であり最も効果があります。 しかし、水槽を立ち上げてから1ヶ月程度は水槽内・・・

水草水槽の美しさを左右するのは、実は設置直後なんです!