トロピカ-初心者向けアクアリウム、熱帯魚水槽、金魚、メンテナンスの情報メディア

フォローする

水換え一覧

コケまみれの水槽を復活させる方法!コケを撃退して水草が映える水槽へ!

コケまみれの水槽を復活させる方法!コケを撃退して水草が映える水槽へ!

コケに覆われてしまった水槽はかなり見栄えが悪く、せっかくの生き物や水草が台無しになってしまいますよね。そこで今回は、厄介なコケの発生を抑え水槽を綺麗に保つための対策方法をご紹介していきます。コケの掃除を劇的に楽にするアイテムなども解説していますので、水槽のコケに悩んでいる方は是非参考にしてみてくださいね。

水槽掃除が面倒!日頃の水槽管理で水槽の掃除を楽にする方法を解説します

水槽掃除が面倒!日頃の水槽管理で水槽の掃除を楽にする方法を解説します

水槽掃除が面倒だからといって、先のばしにしていると水質が悪化したり、コケがこびりついたりと余計に面倒なことになりかねません。また、大掃除は水質が急変するため、魚が調子を崩してしまうこともあります。そうならないために今回は、日頃の水槽管理で水槽の掃除を楽にする方法を解説します。

アクアリウムの水質管理方法!魚・水草・サンゴを健康に育てる水質例とは

アクアリウムの水質管理方法!魚・水草・サンゴを健康に育てる水質例とは

アクアリウムでは水質の管理がもっとも重要といっても過言ではありません。水質一つで生体の健康状態や発色具合など、あらゆる面に影響します。判断が難しい面はありますが、水質管理が的確にできれば生体の生存率は格段に上がります。今回は、魚・水草・サンゴごとに最適な水質例を解説しつつ、アクアリウムの水質管理方法をご紹介します。

カルキ抜きしないとどうなるの?!魚が死んじゃうの?!影響を考えます!

カルキ抜きしないとどうなるの?!魚が死んじゃうの?!影響を考えます!

魚を飼いたい!と思って調べると、まず出てくるのが「カルキ抜き」という言葉ですね。 水道水にはカルキという殺菌成分が入っていますが、カルキ抜きしなかったらどうなるのでしょうか?? また、カルキ抜き剤を使うこと、使わないこと、それぞれどんなメリットがあるでしょうか。 今回はカルキ抜きに焦点を当てて解説していきます!

アクアリウムの作り方!初心者がはじめに覚えたい水槽の基礎知識・運用方法

アクアリウムの作り方!初心者がはじめに覚えたい水槽の基礎知識・運用方法

今まで生き物を育てた経験がなくこれからアクアリウムを始めようと思っている人は、基本的な知識が不足していることが多いです。今回は、これからアクアリウムを始めようという人向けに、アクアリウム水槽の作り方や水槽の設置・運用方法についてお話ししていきたいと思います。

水換えが逆効果?プロがメンテナンスしてはいけないと判断する状況を解説

水換えが逆効果?プロがメンテナンスしてはいけないと判断する状況を解説

水換えは水質改善が見込める最も手っ取り早い方法です。水槽内のバクテリアなどによる浄化作用ではどうしても限界があるため、定期的に水換えを行う必要があります。しかし、タイミングを間違えるとかえって魚の健康を害してしまうことも。そのような失敗を避けるために知っておきたい、水換えが逆効果となる状況について解説します。

水槽の砂利を敷き替えたい!替えたほうが良いとき・捨てるときの方法!

水槽の砂利を敷き替えたい!替えたほうが良いとき・捨てるときの方法!

水槽の砂利を敷き替えるのは、なかなか面倒ですよね。ついつい長期間放置してしまいがちですが、適度に交換することによって、安定した水質を維持することができます。今回は水槽の砂利を敷き替えたほうがよいタイミングや捨てるときの方法、再利用する場合の注意点などをご紹介します。

アクアリウムに浄水器は必要?良い水とは?メリットとデメリットを解説!

アクアリウムに浄水器は必要?良い水とは?メリットとデメリットを解説!

アクアリウムに浄水器を導入するアクアリストも少なくないですが、どんな浄水器を使えばいいのかや、そもそも浄水器が必要なのかで悩んでしまう事はありませんか?今回は浄水器の中でもアクアリウムで使われることの多い「RO水」や、浄水器を使うことのメリット・デメリットをご紹介します。

水換えするとき濁らせていませんか?ダメな理由と水槽内を濁らせない方法

水換えするとき濁らせていませんか?ダメな理由と水槽内を濁らせない方法

水換えは適切な方法で行わないと飼育水を濁らせてしまいます。飼育水が濁ると鑑賞性が低下することはもちろん、ろ材の目詰まりを促進させてしまうため注意が必要です。ここでは、水換え時に飼育水が濁ってしまう原因や、濁った際に発生する弊害などを解説していきます。

プロが水換えをする時はどんな時? 水槽の換水をする判断基準を5つ紹介!

プロが水換えをする時はどんな時? 水槽の換水をする判断基準を5つ紹介!

水換えはアクアリウムにおいて欠かせない作業です。小まめに行った方が水質を清浄に保てると考えがちですが、あまりに頻繁に行うとかえって飼育環境を崩壊させてしまうので、適切な頻度を見極めることが重要です。ここでは、プロのアクアリストたちが水換えを行うタイミングを見計らう判断基準についてご紹介します。

水槽の状態で熱帯魚は変化します!水質の良し悪しがわかる熱帯魚の状態3つ

水槽の状態で熱帯魚は変化します!水質の良し悪しがわかる熱帯魚の状態3つ

アクアリウムで熱帯魚を飼育するときに水質の変化は重要になるポイントですが、初心者だと水質にまで気が回らないことも。でも熱帯魚は水質がいいと体の発色が良くなる一方で、悪い水質だと魚が水槽の上下に集まったり、魚が見当たらなくなることもあります。今回は水質の状態が良し悪しがわかる熱帯魚の状態を3つご紹介します。

1 2 3 4 5 6